審査ページです。

審査は此方から。短文は20点満点。長文は50点満点です。

大喜利の方も忘れずに

※審査は、短文の投稿順→長文の投稿順です。

                                                                                              

ブックマーク ア・ヘ顔

 大庭:審査をされる方々へお願いです

 洲飼:笑いながら、頑張った、とめちゃくちゃ褒めてね

 短文(20点満点)
コント/高級イタリアンレストランにて


洲飼:お待たせしました。こちらクリーミーホワイトソースパスタです。

大庭:あぁ、どうも。えっと、その…… こんなこと言うのも悪いんですけど……
   あの…… こんなものが床に落ちてたんですが……?


――――――――――――――――――――――――――――
B○○K ○FF レシート

簡単に作れるイタリアンレシピ           ¥105
グッチ裕三の料理本Vol.4              ¥105
シェフは女体盛りに特製ホワイトソースをぶっかける ¥525

合計                       ¥735

お預かり                    ¥10730
お釣り                      ¥9995
――――――――――――――――――――――――――――


洲飼:あぁ、B○○K ○FFのレシートですか。

大庭:高級イタリアンレストランにこういうのが落ちてると店の品位が落ちちゃうと思いますよ。
   この店のシェフがこういう料理本を中古で買って、料理して店に出してるわけではなく、
こういうのを買った人が偶然来て落としてしまったんでしょうけども。

洲飼:いえ、これはシェフである私が落としてしまったものですね。

大庭:えっ

洲飼:この店の料理もすべてこのレシートに書かれている本を見て作ってますよ。

大庭:ちょっ! 冗談ですよね!? ここは新しくできたとはいえ高級イタリアンレストランですよ!?
   中古で買った大したことなさそうな本を見て作った料理を出してるってとんでもないカミングアウトですよ!?

洲飼:冗談じゃないですよ。 現にあなたにお出ししたその料理は3番目に書かれた「シェフは女体盛りに特製ホワイトソースをぶっかける」を参考にして作った料理ですし。

大庭:ええぇ!? このクリーミーホワイトソースパスタってよりにもよって、明らかに料理のレシピとか載ってなさそうなやつを参考にして作ったんですか!?

洲飼:そうですよ。確かにそれは料理のレシピがたくさん載ってるような本ではなく小説ですけどね。
   作品内に出てくるシェフ特製のホワイトソースを私なりに用意してパスタにぶっかけました。

大庭:なんて絶望的なものを出されてるんだ……! そんなひどいタイトルの官能小説に出てくるホワイトソースって明らかにアレじゃないですか!
   なに自分なりに用意してパスタにぶっかけてるんですか! 最低の店ですね!

洲飼:あの、何か勘違いされてるようですけども官能小説ではないですよ?
   たしかに内容はタイトル通りですけど、出てくるホワイトソースも卑猥なものじゃありませんから。

大庭:タイトル通りの内容だって言ってるので信じられませんよ。

洲飼:なら、簡単に小説の内容をお話しさせていただきます。

   ある村では突然近くに恐ろしい魔物が棲みつきました。
   そして、事あるごとに魔物は村の娘を生贄に捧げよと要求してきました。
   そう、魔物は若い娘を喰らっていたのです。
   ある時、魔物は一度にたくさんの娘を生贄に要求してきました。
   そこで困った村人たちのために一人のシェフが立ち上がりました。
   シェフは、口に入れてしまった者を即刻殺す程の猛毒を含んだ特製のホワイトソースを作りました。
   それを生贄の女体盛りにぶっかけて、魔物に差し出しました。
   娘を喰らう前に特製ホワイトソースをペロリと舐めた魔物は死に、村に平和が訪れました。おしまい。


大庭:おぉ! ホントにタイトル通りだけどホワイトソースは卑猥なものじゃなかった!





















   でも、 そ れ 食 べ た ら 死 ぬ よ ね ! ? や っ ぱ 最 低 の 店 じ ゃ ね え か !

???/545KB

 

 

 

 

炭酸電池

 たん ごちょーんに出るのは2回目ということで気合いとイースト菌を入れてきました
 でん パンの出来上がり

 短文(20点満点)
コント/ちょっとトイレ


でん ちょっとトイレ借りていい?

たん いいよ、その扉だよ

でん はーい。(扉開ける)あれ、便器は?

たん 便器無いよ

でん いや、トイレの場所を教えてほしいんだけど

たん だからそこの空間がトイレだよ。けど、便器無いよ

でん じゃトイレじゃないじゃん、ただのデッドスペースじゃん

たん このアパート借りた時から便器無いんだよ

でん いやそんなことある?!待て待て、何もない空間に便器が無いならトイレとして活用できないんだけど

たん 便器が無くたってうんこができればトイレだよ

でん お前の中のトイレの概念何なんだよ。便器が無ければうんこできないだろ!

たん うんこが出てこなきゃ便器だって出てこないんだよ!

でん 急にファンタジーな思想出してくんなよ!

たん なんなんだよさっきからさ!!トイレに行きたいならさっさと行けよ!!

でん 待て待て、理不尽!!今俺が欲してるのはトイレじゃないんだよ、便器なんだよ!!

たん どっちだよ!!そこに便器無いなら創り出せよ!何もない空間から自ら生み出せよ!

でん なんだよ、そのエゴの強い舞台演出家が言ってそうなセリフ!じゃあ、いいんだな?このデッドスペースで、うんこしていいんだな?うんこするぞ!!

たん お前は本当にデッドスペースにうんこしたがるなあ

でん なんだよ今度は。俺がデッドスペースにうんこした姿みたことあるか?野良犬かよ

たん 俺の家のあらゆるデッドスペースをうんこで埋めたがるなよ!

でん 俺のインテリアコーディネートセンスどうなってんだよ!

たん まあでも今回は仕方なく許可するよ、その空間に好きなだけうんこしてくれ。その代わり一つお願いがある

でん なに?

たん 音姫は使ってね

でん 音姫は付いてんのかーい!じゃあここは、ただの川のせせらぎで癒されるだけのヒーリングルームやんけ!チャンチャン。

???/545KB

 

 

 

 

赤塚ニャロメwithギャボン

 「投稿していないと誰かわからない」と、ルールに書かれていたので今回は短文に初挑戦します。
 お手柔らかにお願いいたします。

 短文(20点満点)
コント:ネットとかにある紹介動画

(自分の部屋の扉を開けて、机に置いてあるパソコンの前に座る)

赤塚:さーて、今日も動画でも見ようかね……

(パソコンを起動し、My Hoseのブックマークを選んでクリック)

赤塚:おすすめに何か出てる!『日本で起きた炎上騒ぎ2選』かー。
   ランキングみたいな感じで紹介する動画なんだろうなあ……

(パソコンの画面に燃えるような画像が出てくる)

手塚:どうもこんにちは!! ギャボン・手塚でーす!

赤塚:こういうナレーションあるわー! 最初に名乗るヤツ。

手塚:SNSなどでは発言が元で、批判や非難が轟々とする事を炎上と呼びます。
   今回は、日本のSNS上で起こった『炎上』をご紹介します!

赤塚:最近あるよな! SNS上でウケを狙ったと思って言っちゃう事とか、
   行動しちゃった事とかな。 俺も知りたい!



手塚:『コンビニのアイス売り場のケースに入った男!!』

赤塚:あった! ニュースにもなってたヤツ。

手塚:2017年8月2日、沖縄県糸満市で実際に起こった事件です。
   現場のコンビニエンスストアで、その事件は発生しました……
   3人組の少年達の一人が、アイス売り場のケースに入り込み、動画を撮影!!

赤塚:商品入っているのに!! 最低なヤツだ。

手塚:その後、ササヤイターに動画も投稿。もちろん批判が殺到!
   公開していたアカウントも削除したようです。
   見ていた店員が逃げ出そうとした2人を見つけて、氷漬けにした後は博物館に飾られたそうです。

赤塚:その店員モンスター過ぎる!! その2人の命を奪った店員が炎上しろよ。
   勧善懲悪をこんな小物に使うな!!

手塚:入った少年を知る者は、『神隠しに遭って行方不明』と話したそうです。
   これはある意味事件ですね!

赤塚:絶対に市がグルになって、その少年の存在ごと消してる!!
   これあかんやつや!! 次の事件の末路が何か気になって仕方が無い。



手塚:『スーパーに売られているトイレットペーパーの山を駆け上り落下!!』

赤塚:これもワイドショーで話題になった!

手塚:2017年8月4日、大阪府摂津市で実際に起こった事件です。
   『自称My Hoser』と名乗る男が、ササヤイター用に
   動画を投稿したことがきっかけとなった事件です。

赤塚:商品の上に乗って何が面白いんだ!! バカな事するよなあ……

手塚:男がトイレットペーパーの山に駆け上ろうとしますが、バランスを崩して転倒しました。
   その後、男は逃走しました。 商品の上に上る最低な行為……本当に許せません!!

赤塚:商品を弁償しなきゃならない事態になってしまうんだよ! 男も反省しろよ。

手塚:店員が見逃すはずも無く、買い取ったトイレットペーパーで頑丈に身体を巻きつけて…
   その後、ミイラ姿にして店前に飾りました! よかったですね!!

赤塚:良くない!! ミイラ姿にして晒し上げるほうが悪いよ!
   置物扱いにされた男が可哀想だろ。

手塚:ご視聴ありがとうございました! チャンネル登録よろしくお願いしまーす!!

赤塚:……時間の無駄だった。もう疲れたし、寝よう。


(ブラウザを閉じるボタンを押すと同時に暗転)

???/545KB

 

 

 

 

アークタンジェント

 ふー!

 短文(20点満点)
映画予告/鬼


『ある生き物の悲しい物語』


鬼「ここで、働かせてください! なんでもやります!
  お願いします!!」
店長「熱意は伝わったけど… 君、鬼でしょ? うち、鬼は雇えないよ。」



『理不尽な差別と残酷な現実が彼に』



子ども「うわー。変なのがいる。」
親「こら! 見ちゃダメ!」



『ちょっとした出来心だったんだ。』



通行人A「あそこ家に住んでる、財前ってすげえ金もってるらしいよ。」
通行人B「そんなに金があるなら少しは分けてくれー。」





新聞「財前一家殺される。犯人は2億持って逃亡か。」

テレビ「警察は鬼を指名手配にして、、、」






警察「警察だ! こんな鬼ヶ島第三倉庫に隠れやがって!
   鬼!! 強盗殺人で逮捕する!!」

鬼「やめろおお!! やめてくれええ!! 俺の金だああ!!」



鬼「刑事さん! 働きたくたって鬼の俺をどこも雇ってはくれない!
  俺には家族がいるんだ! 生きるためにはこうするしかなかったんだ!
  なあ! 分かるよな! 刑事さん!」

刑事「うるせえ!! おめえのことは関係ねえ!! 強盗殺人は立派な犯罪だ!!」

鬼「でも、」

刑事「"でも"じゃねえ! 犯罪に"でも"は無え!」







裁判官「被告人を死刑に処する。
    被告人は深く反省をしており、また、強盗殺人を行うほどに精神的、肉体的に深く疲れていたことから
    普通の人間なら無期懲役に処するが、被告人は鬼なので死刑。」

鬼「ちょっと待てよ。 普通なら無期懲役なんだろ!!
  なんで俺は死刑なんだよおお!! おかしいだろおお!!
  うわああああ!! やめてくれええ!! あああああ!!」


~鬼 the movie~ 近日公開
主演 藤原竜也(鬼役)

???/545KB

 

 

 

 

惑星Daydream

 kento:二連勝が求められる状況、なるべく安定したネタが求められますがどうですか!?
 arisa:安定な感じのネタではないですね!
 kento:あれれ〜〜

 長文(50点満点)
コント/ストーカー


kento:(数日前から謎の女にストーキングされている気がする。
    仕事に向かう道でも、お昼を食べに入ったラーメン屋にも、
    必ずちょっと後ろにあの女が居た。
    さすがにここまでは入ってきまいと思ってた風俗にも普通に入ってきた。予約もしてた。
    さすがにそろそろ苛立ってきたし、直接文句の一つでも言ってやるか……。)




arisa:(数日前から謎の男をストーキングさせられている気がする。
   仕事に向かう道でも、お昼を食べに入ったラーメン屋にも、
   必ず男のちょっと後ろを何故か歩いた。
   さすがに自分に無縁だと思ってた風俗にも普通に入ってしまった。予約もしてた。
   さすがにそろそろ苛立ってきたし、直接文句の一つでも言ってやるか……。)




kento:(arisaに近づいていく)
   おいそこの女!ちょっと話いいか!

arisa:おい神の意志!!!!!!ちょっと話いいか!!!!!!

kento:……はい?

arisa:てめーこれ以上あたしの前世めちゃくちゃにしてくれてんじゃねえ!!

kento:はい??

arisa:なんだ?金か?金なら出すわ!いくらでも賽銭箱にぶち込んでやるっつーの!!

kento:あ、あの、ちょっと話いいですか……?

arisa:なんですか、今神と対話しているのです。邪魔しないでください。心の目が曇る!

kento:ストーカーなのに心の目澄んでるの……?

arisa:ストーカー?心外な、って、あー!あたしにストーキングされてた人か。

kento:なんでちょっと他人事風味なん。

arisa:遠くで見ても冴えない男だと思ってたけど近くで見たらより酷い。日本中の冴えないを集めてる感じがする。

kento:つけてたんだからせめて好きであってくれねえかな。

arisa:日本全国冴えない音頭とかリリースして冴えない売上を達成してほしい。

kento:全体的にずっと何を言ってるんだよ。説明するか俺の話聞いてくれよ。

arisa:あたしになんか用でも?

kento:用でも?じゃないだろ、俺のことつけ回すのやめてくれねえかなって話だよ。

arisa:あたしだってやめれるもんならやめたい。でも神の意志がそうさせてくれませんね。

kento:ちょくちょく神が出てくるのなんなの。

arisa:いいですか、私は、ストーキングなんか、したくありません。
    でも、神の力によって、強制的に、させられているのです。これは神が悪いの。

kento:やっぱりストーキングとかする人はやばい人が多いのかな。

arisa:私が行きたいと思う場所には必ずあなたが先にいるの。それはもう神が運命を操ってるからなの。

kento:直接話しかけずに司法の判断を仰ぐべきだったかな。

arisa:だいたいあなたも悪いんですよ!?

kento:えぇ……俺もなの……。

arisa:神があなたをつけ狙うように仕向けているなら、あなたも神に背く行為をしたのだと思います。

kento:心当たりが無いし。あなたもってことはお前も何かしたのかよ。

arisa:神社を燃やしました。

kento:なるほど、神のせいかもしれない。

arisa:その灰でピータンをしこたま作って、一つも食べずに捨てました。

kento:或いはアヒルの霊のせいかも。

arisa:弱小な動物霊如きに私の人生が壊せるとは思えない。

kento:まあ、アヒルじゃあな。

arisa:あなたは何を燃やしたのですか?

kento:本当に一緒にしないでほしい。

arisa:ちゃんと思い出して懺悔した方がいいですよ、さすれば神は許してくれると思うので。

kento:お前さっき神を罵倒した上に金で解決しようとしてなかったか。

arisa:まあ、愛の裏返しってやつですよね。

kento:神に対してツンデレな奴初めて見たけど。

arisa:あたしちょっと愛が重いって言われるんですけど、あなたには何の愛情も無いので安心してください。

kento:はぁ。

arisa:愛が重すぎて神社も燃やしましたけど、あなたの家は燃やしませんので。

kento:愛されてなくてよかった、本当に。愛の結末が神社燃やしだったとは。

arisa:お恥ずかしい。

kento:その後ピータンを作ったのはアヒルやピータンに対する愛の裏返しですか?

arisa:まさか。灰が余ってたから。

kento:なるほど、わけわかんねえな。

arisa:それよりこれからの対策について話し合いましょう。

kento:対策とは。

arisa:私が行きたいと思う場所に貴方が居てしまうので、事前に貴方が行く場所を聞いておけばいいと思うんですよ。
    そうすれば私は貴方が居る場所には行きたくないと思うことができる、つまり行かずに済む、というわけなんです。

kento:なるほど……。

arisa:或いは神を殺すかですね。

kento:前者でいきましょう。

arisa:では予定を教えてください。

kento:今日はこれからジムに行って汗を流そうかと。

arisa:あぁ、やっぱり。ちょうどジムに行きたい気分になってたので危なかったです。

kento:危なかった。

arisa:googleスケジュールやってますか?スケジュールが共有できるのでオススメですよ。

kento:丁度やってるからURL教えるわ。

arisa:ありがとう、神もこんな方法があるとは気づかなかったでしょうね。ふふふ。

kento:神を出し抜いてるって考えるとすごくかっこよく感じてきた。

arisa:この通りに行動して頂ければ会うことはないかと思います。では。

kento:なるべくスケジュールを守るように頑張るわ、それでは。

arisa:はい、さようなら……。


    ……もう会えないのだと考えると、何とも思って居なかった彼のことが急に恋しくなってきた……。
    くっ、これも神の罠だ、神の罠……いやでも、神の罠と言えど……ね。
    だってあたしの手元には彼のスケジュールが……。ふ、ふふふ……。

???/545KB

 

 

 

 

ゴトウまるまる

 ゴトウ:ヤッホーまた来ちゃったよ~ん!

 まる:なんかテンションおかしいです。

 長文(50点満点)
コント/スケジュール


(まる、番組収録後の楽屋で座っている。ゴトウマネージャー)





ゴトウ:今日もお疲れさまでした。新ネタ凄いウケましたね。




まる:うん。この番組のために全力で作ったネタだから凄い嬉しいよ。




ゴト:それでは今後のスケジュールを確認させていただきます。
まず明日なんですけども、『初公開ネタ大連発!爆笑ネタ祭りスペシャル!』の収録です。
こちらタイトルの通りどこでも披露していないネタを披露していただきます。




まる:うわーそうだった。今日のことばっかり考えて全然作ってないよ。




ゴト:ちなみにこちら3本録りです。




まる:3本録り?え3本も録るの?初公開ネタ大連発爆笑ネタ祭りスペシャルを3本も録るの?




ゴト:そうですねなので新ネタを3本用意してください。




まる:うわヤベエな今日寝れねぇな。




ゴト:そして次の日なんですけども、『爆笑ネタ祭り!初公開ネタ大連発スペシャル!』の収録です。




まる:えっ?えっ?えっ?えっ?えっ?えっ?タイトル逆になっただけだけど。それ違う番組なの?




ゴト:はい違います。他局です。




まる:他局!しかも他局!作家達なにやってんだよ!




ゴト:ちなみにこちら5本録りです。




まる:5本!?今度5本!?死ぬよ!?




ゴト:ちなみにこちらMCがさんまさんなので収録は15時間は掛かると思います。




まる:死ぬよ!?確実に死者出るよ!?




ゴト:そして次の日なんですけど、ラジオにゲスト出演です。




まる:あーまあラジオならいいけどさ...




ゴト:このラジオ毎週いろんな芸人をゲストに迎えどこでもやったことのない爆笑ネタを披露していただくという番組です。




まる:バカヤロー!!クソみたいなラジオだな!!俺絶対そのラジオやったことあるネタやるからな!




ゴト:あっそしたら干されます。




まる:干されるの!?そんな一発で干されんの!?




ゴト:2度と復帰出来ないくらいに。




まる:どんだけ権力あんだよ!なんだその恐怖のラジオ!




ゴト:そして次の日が、『やったことあるネタでもいいよ大放送!』の収録です。




まる:ホント作家達どうしたの!?なんでみんな急にネーミングセンスゼロになったの!?
なにやったことあるネタでもいいよって言っちゃってんだよ!あと大放送ってなんだよ昔かよ!
ただやったことあるネタでもいいなら助かるけどね!!




ゴト:あっただ今回特別企画でやったことないネタスペシャルなんですよ。




まる:ふざけんな!!タイトルに責任持て!もういいその番組こそ絶対やったことあるネタやるからな!




ゴト:あっそしたら消されます。




まる:消されんの!?




ゴト:この世に存在すらしてなかったことにされます。




まる:どういうこと!?人々の記憶からも消されんの!?国はなんの開発に成功したんだよ!




ゴト:そして次の日がエンタの神様です。




まる:よっしゃ王道番組!!タイトルがまともな番組!!




ゴト:こちら過去に出演した時の映像を使いたいのでコメントだけいただきたいとのことです。




まる:ありがとう王道番組!!助かります!!




ゴト:『次回までには必ず新ネタを作っておきます!』って言ってください。




まる:あコメント決まってんだ!いやいいよ全然いいよなんでも言うよ。




ゴト:そして終わり次第爆笑レッドカーペットのコメント録リ。こちらエンタと同じコメントで大丈夫です。




まる:同じでいいの!?大丈夫!?




ゴト:そして終わり次第 爆笑オンエアバトルのコメント録リです。




まる:このお笑い大ブームなんなの!?ずっとお笑いやってんじゃん!今お正月じゃないよね!?年明けてないよね!?




ゴト:良い時代来ましたね!




まる:今週だけは来てほしくなかったわ!




ゴト:そしていよいよその次の日!まるさんがメインパーソナリティに大抜躍された24時間テレビのスタートです!




まる:やっぱこのスケジュールおかしいよね!?24時間テレビのある週にこの新ネタ地獄おかしいよね!




ゴト:売れましたね!




まる:うるせぇよ!




ゴト:今回の24時間テレビのテーマが ~初公開ネタは地球を救う~




まる:救わねぇよ!!お笑いはそんな大それたもんじゃねぇんだよ!地球を救うのは愛だ!




ゴト:ご存じだと思いますが今回の企画が24時間で24本のネタを作るという企画です!




まる:絶対無理だよ!?なにその企画!無茶苦茶なお笑い番組じゃん!




ゴト:大体1本20分尺くらいの物を作ってください。




まる:ハア!!?20分のネタ1時間で作って披露してまた作んの!?無理だって!




ゴト:地球救いましょう!




まる:救わねぇよ!!達成出来たとしても地球は救えねぇんだよ!




ゴト:そして次の日がまだ24時間テレビです。




まる:そりゃ24時間テレビだからね!?次の日の感覚ないけどね!




ゴト:そしていよいよ24時間テレビが終わった次の日!
まるさんがずっと楽しみにしてた、まるさんが大好きなアイドルのライブを見て対談する番組ですよ!




まる:うんその日迎える前に死ぬだろうけどね!




ゴト:よっ公私混同!




まる:うるせぇよ!公私混同達成する前に死ぬんだよ!かわいそ!俺かわいそ!残念だよ!




ゴト:そして次の日から28連休です。




まる:急に!?急に28連休!?逆に29日後には入ってんだ!?




ゴト:ただ今週の仕事次第で絶対入ると思うんで、がんばりましょう!




まる:無理だって!





(1週間後)






まる: .....出来たね。聞いてたの全部出来たね。
全部ウケたしね。俺天才だね。あーしかしライブ最高だったなあ!みよりちゃんカワイかったなあ!




ゴト:良かったですね。




まる:でもさあ。急にステージに上げられて新ネタ披露してなんて言われてもさ。出来なかったよ。
その結果さ...干されたね。




ゴト:そうですね。明日から、98連休です。

???/545KB

 

 

 

 

PINKY PUNK PUMKIN POP!!

 まい:やっぱり期の終わり頃に出てこそ私たち、みたいな?
 陽一:素直にネタ書けなかったって言おうよ。

 長文(50点満点)
漫才/世相を斬る


まい:「もしかして:PINKY PUNK PUMKIN POP!! ネタ」

陽一:もしかしなくても。

まい:よろしくお願いします。

陽一:よろしくお願いします。

まい:っしゃー、じゃー、世相でも斬るか。

陽一:のっそり始めましたけど。まいちゃんに世相なんか斬れるの?

まい:確かに準備不足感は否めない。

陽一:ちゃんとニュースとか見とかないとね。

まい:ニュースはまあ、一旦ばらまいといて。

陽一:置いとけや。散らかすなよ。

まい:もっと大事なことがあるでしょ。

陽一:えぇ、例えば?

まい:まずね、あたし日本刀を持ってないの。

陽一:え?もしかして世相を物理的に斬ろうとしてる?

まい:そうだよ。

陽一:多分だけど、世相に実体は無いんだよね。

まい:え?そうなの?ニュースとかでやってた?

陽一:最新の動向は知らないけど、多分昔から無いままじゃないかな。

まい:あぁ、そういう考え方ね。東京オリンピックも近づいてるってのに古いね。

陽一:五輪関係あるかな。

まい:今日本はすごい速度で変わろうとしているんだよ。ちゃんとついていかないと。

陽一:世相を斬る人っぽい面構えになってきてるけども。

まい:世相の実体の無さが外国人にはわかりにくいらしくて。
   東京五輪までを目処に世相の実体化に向けた動きが始まってるの。

陽一:外国には世相って無いのかな。

まい:民主党のゴリ押しで始まったプロジェクトなんだけどね。

陽一:もう二度と政権渡すなよ。

まい:だから、その辺りを目処に私も世相を斬る準備を進めようと思ってて。

陽一:なるほどね。楽屋戻ったら「世相 実体」で調べるけど、とりあえず続けて。

まい:まず日本刀を手に入れなきゃいけないわけじゃん。

陽一:一応確認なんだけど、日本刀じゃ無いと斬れないの?

まい:世相を斬る時に一番大事なのは、その斬れ味の鋭さでしょ。それは実体が無い頃からそうでしょ。

陽一:確かに。

まい:でもね、日本刀を買うとすると一つ問題があるの。

陽一:問題はたくさんありそうなイメージだけど。

まい:日本刀を売っている店の店員は絶対頑固じゃん。

陽一:う、うーん、そうかも。

まい:となると必然的に、私のような乙女に日本刀を売ってくれないと思うの。

陽一:必然?

まい:「日本刀は武士の魂、女子供に触らせるようなものじゃ無いんだよ!!」とか抜かしそうじゃん。

陽一:偏見すごくない?

まい:だからね、性転換をするの。

陽一:世相を斬るためだけに??

まい:世相を斬るためと、もう二度と痴漢にあわないため。

陽一:色々苦労してるんだな。

まい:と言うことで、性転換を完了したところで。

陽一:そこはあんまり苦労しないんだな。そして日本刀を買いに行くわけか。

まい:まずはお世話になった人たちに性転換を報告しないと。

陽一:そうだけど。

まい:小学校の時の担任の谷原先生、中学校の時の朝山先生、高校の時の橋田先生……。

陽一:各学校一人ずつ印象に残ってるタイプの。

まい:虫ばっかり食ってる大塚、毎晩夢精してる秋口、モテなすぎて乳首を毟った天野……。

陽一:やばい知り合い多いな。

まい:性別でしか人を見てない秋元、性転換に厳しい袴田、手術経験のある奴に暴力を振るう柴田……。

陽一:そいつらに報告する必要ないだろ。

まい:民主党の赤井。

陽一:ゴミプロジェクトとっとと止めろ。

まい:おそらく秋元、袴田、柴田の3人にボコボコにされる未来はあるなぁ。

陽一:他二人は置いといて、秋元って男見ると殴るのかよ。

まい:そりゃもう。

陽一:そりゃもうなのかよ。

まい:エロい男を見るとすぐ殴るんだよ。

陽一:エロい男にならなきゃ良くない?

まい:それは、なっちゃうと思う。現状から考えると。

陽一:そうか……そうか……。

まい:だから、暴力に耐えうる鍛え抜かれた肉体が必要。

陽一:報告しに行かなきゃいいんじゃ?

まい:仲間はずれは絶対ダメって谷原先生言ってたし……。

陽一:小学校時代1位の教師の言うことなら仕方ないか。

まい:でもね、私筋トレ続かないの。

陽一:そんな壁あるの。

まい:だから、報告に行く前の数日間、私を殴って欲しいの。

陽一:は?

まい:私をそれなりの強さで殴り続けて欲しいの。そうして私は強くなるから。

陽一:いやいや、女に手を上げるのは無理だって。

まい:その時私は男になってるから!受け入れて!

陽一:受け入れられるかなあ……。

まい:あるいは代わりに日本刀買ってきて!!

陽一:じゃあそれでいいわ!最初っからそれでよかったわ!性転換すんな!

まい:痴漢が。

陽一:それはもう秋元をボディガードにつけろ!男殴りの秋元をつけろ!!

まい:痴漢どころか車両一つ分全ての男が倒れちゃうんだけど。

陽一:じゃあ俺が守る!!

まい:それはキモい。

陽一:言いすぎた。

まい:だからもう性転換するか、女性専用車両に乗るかしか選択肢がない。

陽一:乗れ!!すぐにでも乗れ!!

まい:そうします。

陽一:これでもう世相斬るのに壁はない!?

まい:性転換もせず、体も鍛えず、日本刀は陽ちゃんが買ってくる。
   完璧だ……。あとは本当に実体化政策が進むかどうか。

陽一:一番の関門残ってたわ。楽屋戻って「世相 実体化」で調べなきゃ。

まい:多分出てくるよ、「もしかして:PINKY PUNK PUMPKIN POP!! ネタ」って。

陽一:俺たちしか口にしてない概念なんじゃねえかよ。もういいよ。

二人:どうもありがとうございました。

???/545KB

 

 

 

 

Bさわ

 よろしくお願いします。

 長文(50点満点)
コント/コミックス


週刊少年ヂャンプ連載作品 
光井 久 作・画
「Defender亮二」
コミックス第5巻





表紙
(両腕を目いっぱい広げて、腰を落とす亮二の姿 目つきがあまりよくない)
(コミックスにちなんで、ユニフォームは「5」)
(よく見ると、背景のジャングルに翔北高校の桜城が紛れ込んでいる)














裏表紙
「肉を切らせて骨を断つ」の言葉通り、竹里高校の有村を撃破した亮二は、全国大会出場をかけて開南大付属の巻と激突!!しかし、試合前日に監督の茂市から衝撃の事実を聞かされて・・・?守りにすべてをかけた青春守備的物語(ディフェンシブストーリー)!!















背表紙
(縦書きで「Defender亮二」のタイトル)
(#5)
(背表紙を並べると1枚のイラストになる仕様 今回は4巻から続いている亮二の伸ばした左腕と白目がちになっている有村)
(作・画 光井 久)














カバー裏 作者コメント
この漫画も5巻、おかげさまで連載1周年です。読者の皆さんのおかげです。よく、「こんな守備的な人なんかいるわけがない」とか「やっぱり漫画だからいくらかオーバーに描かれている」というお声をいただきますが、現実的に亮二たち以上に守り守られている人も大勢いますよ。ただ、全員が目立つわけじゃないんです。














コミックスの扉絵
(自然保護団体に混ざりプラカードを持って更新をしながら絶叫する亮二)










登場人物紹介
綾南高校
池神亮二 本編の主人公。粗削りだが守れそうなものは何でも守る、綾南高校ディフェンス部3年生。
奥住淳  亮二の親友で守備仲間(ディフェンスメイト)。ディフェンスへの執着心は凄まじいものがある。
千堂明  綾南のスターディフェンダー。ディフェンスのみならずオフェンスでも全国トップクラス。
服田吉助 ディフェンス部にありながらオフェンスに尽力する異端児。亮二とのいざこざは絶えない。
腰野弘明 ディフェンス部2年。負けん気以外取り柄がない。
上草友幸 ディフェンス部2年。最近まで誰からも顔と名前が一致していなかった。
茂市 ディフェンス部監督。現役時代は全国大会優勝の経験を持つ鉄壁のディフェンダーだった。




竹里高校
有村 竹里高校ディフェンス部キャプテン。攻守ともにバランスのとれたディフェンスが持ち味。




開南大付属
巻 開南大付属のキャプテンにして、全国区のディフェンダー。どう見ても30近い容貌。




翔北高校
桜城 赤い服がトレードマークの翔北1年。詳細不明。




あらすじ
中学時代、50人もの女性に攻め込まれた池神亮二は、高校進学とともにディフェンス部に入部する。
親友のディフェンダーの奥住、スターディフェンダー千堂とともに己の守りに磨きをかけていく。
そして、始まったインターハイ予選。大苦戦を強いられながらも亮二は並み居る強豪を次々に撃破!
迎えたベスト8、竹里高校のキャプテン有村と激突!亮二は守備を崩され、父親の所属部署の情報を明かしてしまう。
しかし、後半に入り、有村の本籍住所を聞き出すことに成功した!





目次
ディフェンス28……本籍住所!!
ディフェンス29……掻き回せ
ディフェンス30……“肉を切らせて骨を断つ”
ディフェンス31……ベスト4へ
ディフェンス32……茂市の夢
ディフェンス33……千堂が来ない
ディフェンス34……Challenge
ディフェンス35……亮二vs巻
ディフェンス36……84点差










~ここからは各話をダイジェストでお送りします~



ディフェンス28 本籍住所!!

観客1:おぉー!!!池神本籍住所を聞きやがった!!
観客2:あの「具現化した黙秘権」の異名を持つ有村から・・・!

有村:はぁっ・・・はぁっ・・・この野郎・・・!

亮二:へへへ・・・!反撃開始だ・・・!

奥住:だが、まだ亮二よりも有村の方が優勢とみていいな。
千堂:そうですね。序盤に父親の職場、月収、結婚前の女性関係といった普通にばれたら気まずい情報を亮二は流している。
奥住:亮二はこれから、1点も上げられないな。
千堂:つまり、この本籍の使い道で勝敗が決まる・・・!





ディフェンス29 掻き回せ

有村:ば、馬鹿な!こんなことを言ったら家庭が崩壊するぞ!?

腰野:服田さん暴露押さえて!別のディフェンス考えて!

茂市:有村・・・下手なりにオフェンスも磨きをかけてきているな・・・!

奥住:き、聞くに堪えない・・・!!亮二の親父さんのだらしない女性関係、赤の他人とはいえ耳が痛い!!





ディフェンス30 “肉を切らせて骨を断つ”

(ブー!!)

審判:試合終了!

【有村 32 ‐ 54789 池神】

審判:池神の勝ち!!

観客:(わぁーーーーー!!!!)

観客1:す、すげえ!!
観客2:有村が負けた!!信じられん!
観客3:池神ー!!いい守備だったぞー!!

亮二:(観客席の父親に気づき、こぶしを突き上げる)
亮二の父:(亮二に唾を吐き捨てる)

服田:まあ・・・そうなるよな。





ディフェンス31……ベスト4へ

亮二:はぁ・・・次の相手は開南の巻かよ・・・死にたい・・。

奥住:そういうこと言うなよ亮二!さあ、ディフェンスだ!

亮二:県大会初戦負けのお前に言われてもなあ。

千堂:池神さんのディフェンスは、今は全国区ですが、牧さんは昨年の全日本ベスト4・・・この経験の差g

亮二:お前2回戦途中棄権したけど大丈夫なのかよ。





ディフェンス32……茂市の夢

茂市:池神、お前が3年になった年に綾南高校ディフェンス部初の全国出場。俺は、そんな夢を見たんだ。

亮二:・・・夢を見た!?いつですか!?

茂市:3日前かな。まあ、正夢になりそうだから頑張ってくれ。

亮二:軽いな監督!





ディフェンス33……千堂が来ない

亮二:まあ、来なかったら来なかったで仕方ないし、来ない理由を問いただしても絶対に口を割らないんだよなあいつ。

上草:そこのディフェンスいらないですよね。

亮二:そうだな、腰野。

上草:え・・・?





ディフェンス34……Challenge

亮二:くっ・・・!今日もダメだったぜ・・・!

奥住:亮二・・・まだ親父さん怒ってるのか?

亮二:ああ、今俺の家は鉄壁のディフェンスで敷居をまたぐどころか家の半径50mに近づくことも困難な状態だ・・・。

奥住:流石現役時代は「池神ゾーン」の必殺技で数々の攻めを防ぎ抜いた親父さんだけのことはあるな。

亮二:母さんもいまだに家にいない状態だぜ・・・!

奥住:それは単純に実家に帰っただけだろ。





ディフェンス35……亮二vs巻

亮二:この試合に勝った方が全国だ・・・絶対に負けられない。

巻:それは俺も同じだ。池神。

亮二:俺は毎晩、全国をかけた試合のことを想像していた・・・!遂にここまでたどり着いたんだ・・・おまえを倒して!俺は全国に行く!

巻:ふんっ、2年連続件優勝の座を「守る」という使命を背負っている分、俺の方がリードしているということを忘れるな。





ディフェンス36……84点差

観客1:いきなり84点差だ!

観客2:これはもう決まったか!?

奥住:亮二・・・しっかりしろぉ!

亮二:・・・俺に・・・守るべきものがあるのか・・・?










次巻予告
「守るべきものがあるのか?」そんな高校生離れした疑問を抱いた亮二。その疑問を解くため、彼は生まれ育った町を離れ、ジャマイカに向かう。すると、そこには守り、守られ過ごす先住民族、「ディフェンス族」が独自の文化を守っていた・・・!





おまけコーナー
週刊少年ヂャンプ連載1周年を記念して実施された、「Defender亮二 キャラクター人気投票ランキング」の結果が発表されました!
たくさんのご応募ありがとうございました!

1位 桜城 7843票
★なんと1位は翔北の異端児桜城!赤い服と粗削りながらも迫力あるディフェンスで初代1位の座をゲット!
 次回もこの座を守りぬけるのか!?

2位 奥住 1242票
★亮二のディフェンスメイト、奥住が堂々の2位!165センチと小柄ながら懸命のディフェンスを見て感動した読者も多いのでは?
 彼なしだと綾南は崩壊していたという声も多数寄せられたぞ!

3位 腰野 489票
★負けん気の強さ作中1位の腰野は、人気投票で3位に!兎に角負けん気の強い男!
 その負けん気で次回は上位二人を脅かす!?

4位 有村 341票
★亮二との死闘を繰り広げた竹里高校の有村が4位にランクイン!ディフェンスの中に見出したオフェンスの力はまさに究極のギャップ!
 惜しくもベスト8で涙をのんだが、これからの活躍に期待だ!

5位 安斎 126票
★亮二の師匠、安斎が5位!普段は置物のように寝たきりだが、「肉を切らせて骨を断つ」の教えは、亮二のディフェンダーとしての素質を大きく開花させる契機になった!
 実はものすごいカリスマだったという噂だが果たして・・・?

以下の順位はこうなりました
6位 千堂 98票
7位 服田 87票
8位 巻  54票
9位 龍二(亮二の父) 32票
10位 茂市 12票

応募総数10325票!たくさんの応募、本当にありがとう!!














読者のイラストコーナー
(見るに堪えない下手な絵のオンパレード)
(10通に1通くらいの割合でめっちゃ上手い絵があったりする)

???/545KB

 

 

 

 

TOPシークレット連盟

 会話形式じゃないネタ出したかったんです。

 長文(50点満点)
物語/SUPERNATURALパワー鍋薬缶


何となく手の指を広げてみたら、掌から小さな蓋みたいなものが出てきた。
俺はごく普通の20歳だ。大学を1年たらずで中退し、それ以来週6日ペースで家に引きこもっている以外、特に変わった点はない。
今日もいつものように家でだらだら過ごし、アイドルグループTST(飛田新地)19のセンター、乳村モミ子ちゃんの写真集を読み漁っていた。
そして写真集に集中し過ぎて手の指がだるくなり、雑誌から手を離し右手の指を広げたら、掌から蓋みたいなものが出た。
タンバリンのようなフォルムをしている。ボディはプラスチック製で中央に小さな黒いボタンがついてる。ここを掴んで持ち上げるのだろう。
恐らく鍋の蓋だ。本体がないため本当に蓋なのか判断することはできないが。
掌から鍋の蓋が「鍋や!!」と主張するように出現。そして終わり。完。やべや……完……あっ。
俺はこの超能力を"やべやかん"と名付けることにした。俺は凄い面白い事を言ったと思っている。



自由に掌から蓋が出る――これで世界が救えたり誰かの役に立つとは到底思えない。
それでも胸を張って言えるのはこれは紛れもなく超能力で、俺だけしか使えないものである。
俺は、幼き頃から何やっても上手くできず、人より優れているものがなかった。
だからこのなべやかんは不憫な俺に対する神様の贈り物ではないかと考えた。この能力で駄目人生を一からやり直せと。
俺は何でもできるような気がした。なべやかんでこれからの人生を謳歌できるのではないかと。
とりあえずいつも迷惑を掛けている人間の前で、神様から授かった能力を披露しよう。
「ねぇ、母さん」
「あ?」
「超能力を身に付いたんだ」
「殺すぞ」
とても我が息子とは思えない言葉を母親は返してきた。料理中に話しかけたのがいけなかったのか。
「父さんが汗水たらして稼いだお金で入学させた大学は中退……私が命を掛けて守っている家でゴロゴロ三昧……で超能力とか脳が腐った妄言をほざく……どう考えても死刑ですね本当にありがとうございました」
「ちょちょ! これ見て!」
包丁を持って近づいてくる母親を宥めるように、俺は右手の掌を見せつけた。生まれて初めて人前でなべやかんを披露した。
「え……」
母親は目を丸くしながら地面に落ちた蓋を見ている。なべやかんは見事に成功したようだ。
「ね? 超能力でしょ? かあさん……今まで心配かけてごめん……でもこれからはこの超能力で真っ当な人生を」
「はぁ~~~~~」
俺の立派な決意表明が、母親の長い溜息によって掻き消れてしまった。
「超能力ってかただのマジックじゃない。そんなに暇なら今からハロワでも行って職探ししてこい!」
「いや本当に超能力なんだって! ほら手を見て! 種も仕掛けも全くな」
「うるさい! 出来そこない息子の手なんか確認したくないね! クソニートが!」
俺の手に触るどころか見ようとすらせず、母親は自分の部屋に戻ってしまった。あっ俺の晩飯。
コンビニで何か買おうと家を出た時に、暫くTST19握手会以外で人の手の温もりに触れてないなとふと思った。



「超能力者特集! あなたは今日奇跡の瞬間を目撃する!」
アナウンサーが高らかに宣言した。俺は今テレビ番組に出演している。
母親から冷たい反応を受け、なべやかんは大勢の前でこそ輝くと考え、テレビ局に持ち込み企画を提案した。
今のテレビ局は本当に企画がないのだろうか、素人である俺の提案にすぐに食いつき、1つの番組として取り上げてくれた。
「いや~太田さん! 本当に超能力なんてできるんですか~」
「はい! 私は神様からチカラを授かりました! 奇跡の瞬間をお見逃しなく!」
投げられた質問に、意気揚々と答えた。ちなみに俺の名前は太田ヌキヌキ太郎。これ豆な。
アナウンサーはテンション高めで番組を盛り上げてくれているが、ゲストの芸能人どもの反応は芳しくなかった。
「何でこんなブサイク童貞の戯言を見届けないといけないんだ。テレビ局の連中はブス専かよ」
毒舌芸人で有名な有吉田だっけ? が俺の容姿に目を付け、誹謗中傷でスタジオを沸かせていた。
笑いが起きるということは、周りが俺をブサイク童貞だと容認している証拠だ。
まぁ今は笑いたいだけ笑えばいいさ。後で吠え面かかせてやる。
「では太田さん……あちらのカメラに向って超能力をお願いします!」
「わかりました……」
俺はカメラに向かって右手の拳を突き出し、刹那手をパーにして掌を見せた。
「これは!! 掌から蓋でしょうか……何か出てきました! これは凄い!」
アナウンサーの頓狂な声から、俺はなべやかんの成功を確信した。母さん俺やったよ。
「スローカメラで見てみましょう! ……確かに種や仕掛けは見当たりません!」
どうだお茶の間の連中! なべやかんの凄さを思い知ったか!
「どうですか? 僕の超能力は? これぞなべやかん・オブ・ザ・レジェント!」
静まり返るスタジオ連中。どうやら俺の超能力に言葉が出ないよう――
「で?」
沈黙を破ったのは、有吉田の冷めた声音だった。
「で? じゃないでしょ! 私が超能力を使えることが証明されて」
「いや、手から蓋みたいな奴が出る……で?」
何なんだコイツは! 俺の超能力に嫉妬してるのか!
……と思ったが、スタジオは完全に有吉田の味方のようだった。
「確かに凄いけど、何の役にも経たないよな」
「俺この超能力使えても使わないわー! これをお茶の間に自信満々で発表するとか暇人かよ(笑)」
「うふふー☆ 関係ないけどこいつ童貞っぽい! オッケー☆」
ゲストの芸能人が、口々に自分勝手な感想を述べていく。
予想外の反応に何も抵抗できないまま、ひたすら俺への非難罵声がスタジオ内で響き渡る。
「じゃあ有吉田君、彼にあだ名を付けてあげてよ」
「クソニートです」



結局なべやかんを持っていようがいまいが俺に対する世間の評価は"クソニート"だった。
よくよく考えてみろ。掌から蓋を自由に出せる。いつ使うんだよ。誰が得するんだよ。
ふざけんな神様。もっとマシな能力授けろよ。てか金くれよ。天空の女とか紹介しろよ。
俺は以前より心が廃れてしまい、ますます部屋に閉じ籠るようになった。
何となくテレビを付けてみると、俺の天使、乳村モミ子が所属しているTST19が音楽番組で新曲を披露していた。
次のタイトルは「初恋の相手は引き篭もりニート」か。よしっ絶対買おう。
モミみんの歌声に聞き惚れているなか、テロップに忘れていた大事な情報が載っていた。
『TST19握手会! 明日、飛田新地付近の三角公園にて!』



翌日、やっぱり俺はTST19の握手会に参加していた。
もう世界を救おうなんて到底思わない。皆から注目を集めようとも一切考えない。
ただ――あの子が少し驚いてくれたらそれでいいじゃないか。
この握手会はチケットがある限り自由にTST19のメンバーと握手できるが、ただ1人にしか興味がない。
俺は『乳村モミ子』と書かれた看板が目印のブースに並んでいた。あっ俺の番だ。
「はじめましてー♪」
「は、はじめまして」
56回目だけどな。
モミみんは相変わらず可愛かった。右手に女の子特有の柔らかな感触。久々に人の温もりを感じた。
「何でモミ子に会いに来てくれたんですか~?」
「え、えっと、モミみんが可愛くて、その」
握手の時間は10秒。もう時間がない。俺は繋いでいた手を強引に放した。
「あ? ……あわわ、どうしましたか?」
少し素性が見えた気がしたが、あわあわして可愛い反応に高揚感が高まる。
――これで俺の存在も認知されるだろう。
俺は右手をモミみんの顔の前に出し、指を広げて掌を見せつけた。



3秒経過。
「……えーと、素敵な手ですね♪」
「時間でーす」
剝がしに肩を捕まれ、強制退出されられた。
嘘だろ……!
何であんな馬鹿みたいに量産できていた蓋が! 肝心なときに出ない!
結局、俺は些細な願望すら叶えられなかった。何なん普通にヌキ有りのとこ行っとけば良かったやんけ!
……まぁ、ようやくなべやかんから解放されたと考えればいいか。
「きゃー!」
俺が感傷に浸っていると、女性の甲高い叫び声が聞こえてきた。モミみんだ。
剝がしを振り切り、モミみんのブースに突入した。
「何これ!? 手から蓋が出てくる! 何で~!」
「ぐふふ、モミみんマジックでも覚えたのかい?」
「ち、違うわクソヲタ!! と、止まらない……」
「と、とりあえず手を触らせてぶひぃ!!」
「今触るなぁ……あれ? とまった……?」
「ぶ、ぶひぃいい!! 今度は僕ちんの手から蓋がぁあああ!!」
……その日のTST19握手会は、流れるように様々なアイドルとファンの手から薬缶の蓋みたいなものが出たとニュース番組を通して分かった。
ちなみに前日に俺が出演した番組と合わせて、鍋と薬缶の蓋に関する事件が連続で起きた事を理由にタレントのなべやかんがコメントを求められていた。
たが大したコメントを残すことが出来ず、視聴者に割と嫌われたそうだ。

???/545KB

 

 

 

 

虎徹

 大瞬:僕らこの夏は入院してました。
 疾風ロシナンテ:病室の入口に鉄格子が付いてました。

 長文(50点満点)
漫才/ピストルと白い粉


大瞬:はいどーも虎徹です。
疾風ロシナンテ:よろしくお願いします。
二人:シャキーン!(刀を抜くポーズ)
大:ちょっと聞いて欲しいんだけど。
疾:どうした?
大:この前家に泥棒が入って来たんだけど。
疾:やべえじゃん!!
大:ピストル乱射して退治してやった。
疾:お前が犯罪者になるよ。
大:ミイラ捕りがミイラになるみたいな?
疾:ゴメン意味わかんない。
大:その後警察に連行されたんだけど。
疾:されるよねそれは。
大:何でピストル所持してるんだって言われて。
疾:一番の疑問点だな。
大:この前夏祭りに縁日で射的やって商品として入手したって言った。
疾:嘘つけ!!その店がマズいぞ!!
大:的屋さんだけにピストル所持してたんだと思う。
疾:その店摘発しろよ。
大:なんか調べたけど出て来ないって。
疾:ホントにやばいぞ。
大:わかったぞ。夢の世界のお店だったんだ。
疾:頭大丈夫か?
大:なんか夢の世界へ行ける白い粉も売ってたからな。
疾:来ました!!ヤバい店認定!!
大:金無かったから買わなかったけど。
疾:その粉使ったら夢の世界行けるけど現実世界に帰って来れないんだぞ。
大:お前使った事あるの?
疾:無いよ!!神に誓って!!
大:神って想像上の存在じゃん!!そんなモノに誓うなんて・・やっぱり使ったな!!
疾:使うワケねぇだろ馬鹿野郎!!
大:興奮する所を見るとやはりやってるな!!
疾:お前これ以上言うとブチ殺すぞ!!
大:なんて事だ!!相方が夢の世界に行ってしまった!!
疾:ああああああ!!
大:相方が苦しがっている!!
疾:貴様・・処分する!!
大:なっ何だお前!!
疾:我はこの世の創造者「三代目伊藤博文」!!
大:初代総理大臣!?
疾:違う!!この世の創造者「三代目伊藤博文」だ!!
大:お前、相方じゃないな!!
疾:無論!!地球を滅ぼしにやって来たんだ!!
大:何故!?
疾:ムカつくから。
大:思春期か!!
疾:それでは必殺技を喰らえ「エネルギーボール」!!
大:うわああああああ!!痛くない!!だってビーム的なモノ出てないんだもん。
疾:何ィ!?エネルギー不足か!?
大:こうなったらこっちも必殺技だ!!「地球破壊爆弾的弾道ミサイル発射」!!
疾:やばいぞ!!あの国の武器を貴様が扱うとは!!
大:あの国のカリアゲ君に頼み込んで技術提供してもらったんだ。喰らえ!!
疾:うぎゃああああ!!痛くない!!ミサイル出てねぇし!!
大:何ィ!?エネルギー不足か!?
疾:どうやら引き分けみたいだな!!
大:ところで君白い粉はどうなったんだ?
疾:あっ忘れてた?
大:いい加減に白い粉!!
二人:どうもありがとうございました!キンッ!(刀をしまうポーズ)

???/545KB

 

 

 

 

caramelanthem

 結局自分のことを一番面白いと思ってます

 長文(50点満点)
漫才/EU


夜影:とある企業さんのためにCM考えてきました!

星白:ちょっと興味あるんで見せてもらってもいいですか?

夜影:ガタンゴト~ンガタンゴト~ン
   「はぁ、座りたいのに前の若者が席を譲ってくれないなぁ」

星白:電車のマナーCMですかね

夜影:「はぁ、朝の通勤ラッシュは足腰がつらくて大変じゃ」
「おい!!!そこのお前!!!!」

星白:あ、横から誰かが注意してくれるパターンかな?

夜影:「席を譲ってほしいくらい足腰が弱ってるなら定年退職しろや!!!
   若者に席を譲ってもらう前に、お前が若者に席を譲れ!!!」

星白:お爺さんに切れるの!?そんな挑戦的なCMやってくれる企業ある!?

夜影:JR東日本

星白:天下りばっかだろうがJR!!!ジジババ招き入れてる企業がこんなCM打つわけねえだろ!!!

2人:オールナイトスターですお願いします

夜影:今ちょっと入ってみたいグループがあるんですよね。

星白:グループ?なんですか?

夜影:EUに入りたいんですよ

星白:EU!?欧州連合!?

夜影:そうです

星白:・・・国で!?

夜影:いや、個人で

星白:無理だわ!EUは仲良し国さんグループだから!

夜影:だから今日からEUの加盟国は、ドイツ、フランス、イタリア、星影

星白:露骨な異物混入じゃねえか!

夜影:でも最近のEU見てると、イギリスの穴をイマイチ埋め切れてないなって思うじゃないですか

星白:EUの動向に対する感度が良すぎるだろ

夜影:だから俺がその穴を埋めてあげようかなって

星白:埋まんねえわ!お前がただ穴に落ちるだけだわ!

夜影:だから今から俺が首脳会談で加盟国の皆様にあいさつする練習をするから、お前はおかしなところがあったら言ってね

星白:既に設定がおかしなところだよ!

夜影:よ~し、始めるぞ~!

星白:話聞けや!無理だって!

夜影:元気いっぱい行こう!!!元気いっぱい!!!

星白:2007年M-1グランプリの時のキングコングのコントの入り方すんなよ!

夜影:EUのみなさーん!
チョリーーーーーーーーッッッッッス!!!!!!!!!

星白:はい!!!もう国際問題でーす!!!!

夜影:新入りの夜影です!まずは場を温めるために客イジリでもしていこうかなと思うんですけども

星白:思わないでくれ!首脳会談は数十年間イジられてこなかったやつらの集まりだから!

夜影:あ、フランスさんいるじゃないですか~
   これお土産のフランスパン工房です

星白:本場に挑戦するなよ!おやつカンパニーにゃ荷が重い!

夜影:あ、ギリシャさんもいるじゃないですか~
   かっねかっえせっ!!!かっねかっえせっ!!!

星白:さすがに一線を越えてる!これはシャレにならない! 

夜影:いやお前の負債3兆円て!俺の倍もあるじゃん!

星白:ギリシャよりお前のほうが気になるよ!終盤のまめ鬼みてえな借金抱えてんなお前!

夜影:あ、ドイツさんもいるじゃないですか!
   今日はドイツさんのために一発ギャグを考えてきました

星白:どういう行為!?

夜影:ドイツ人って、ドイツやね~ん!

星白:何語で喋ってる設定なんだよ!?日本語じゃないと成立しないからそのギャグ!

夜影:あ、イギリスさんいるじゃないですか~

星白:もういないんだよ!

夜影:「いや~、私がいたころのEUと比べると大分ぬるいわね~」

星白:OB面しに来たんかい!帰れこのクソ老害が!

夜影:「ちょっと私が久々にビシビシ鍛えてあげようかしら~」
   とか言いに来たんだろさては!

星白:全部お前の被害妄想かよ!ごめんねイギリスさっきひどいこと言っちゃった!

夜影:じゃあ客イジリも済んだところで本題に入っていきましょうか!
   まぁこれから皆様とは関税を付けずに輸出品を生出しする関係になるんですけど

星白:あんま関税のことコンドームっぽく言うんじゃねえよ!
   そもそもお前個人なんだから輸出品なんかねえだろ

夜影:いえ、わたくし夜影は、なんとメルカリにてアクセサリーを販売しております!

星白:国際社会ナメんな!

夜影:通常一個150円のところ、なんとEUの皆様には100円!

星白:せめてユーロで売買しろや!

夜影:じゃあ100ユーロ!

星白:100倍ぐらいに跳ね上がってんじゃねえか!為替の概念知らねえんか!

夜影:清水の舞台から飛び降りるつもりで、大きく値引きさせていただきました!

星白:その比喩がワールドワイドな訳ねえだろ!

夜影:じゃあエッフェル塔の頂天から飛び降りるつもりで

星白:流石に高すぎる!ぐしゃぐしゃになっちゃう!
   ってか素人のアクセサリーなんてそもそも売れないんだから、他に何か輸出できるものとかないんですか?

夜影:うーん・・・あ!もし僕が結婚して妻が出産したら、酪農ができますね!

星白:この世界のために死んでくれ!その発想するやつ野放しにできないよ!

夜影:6割輸出、1割赤ちゃん、3割ぼくで行きましょう!

星白:輸出しない分は全部赤ちゃんに差し上げろよ!ぼくも3割飲みたいな~じゃないんだよ!
   お前EU入んの絶対無理だわ!

夜影:じゃあASEANに入るわ


星白:雑魚くても東南アジアも国の集まり!もういいわ!

???/545KB

 

inserted by FC2 system